のし袋の種類と宛名の書くとき注意点

『のし』というと、どちらかというと結婚式の御祝儀や何かのお祝い事、またはお見舞いなど、プラスのイメージがありますが、もちろん不祝儀、つまりお香典なども『のし』と言われます。『のし』の種類や使う場面は、主に水引の結び方や色などで区別されます。赤や金銀、鶴亀など華やかなものはお祝い事、紺や黄色と銀や白の組み合わせは不祝儀と大まかにわけることができます。また包む金額によってものし袋のグレードを見極めた方がいいでしょう。もしわからない場合は、のし袋だけでワンコーナー持っているような文房具屋さんの店員さんに聞くといいかもしれません。では、次にのし袋の表書きを書く時の注意点を上げていきましょう。まず、基本的には手書きです。毛筆が原則ですが、筆ペンでもかまいません。ボールペンなどは逆に不作法になるので注意しましょう。どうしても毛筆や筆ペンが苦手なのであれば、せめてサインペンにします。色は黒のみで、お祝いの場合は濃い黒、法事など不祝儀の場合は薄墨となります。また行書や草書ではなく、楷書ではっきりと書くのが基本です。筆書きはもちろん本人が書くのがベストで、上手い下手ではなく丁寧に書いてあることが一番大事です。どうしても悪筆で……ということであれば、百貨店や大きな文房具屋さんで購入した場合、代わりの方に頼むこともできますので、相談してみてください。表書きの書き方ですが、基本的に水引の上に贈る趣旨(香典やお祝いなど)を書き、下に贈り主を書きます。贈り主が一人であれば、そのまま真ん中に書き、連名の場合は格や年などの順に右から左に並べます。夫婦の連名の場合は、妻の名前を夫の名前の左に合わせて書くのが一般的です。宛名を入れる場合には左上に敬称をつけて書きます。贈り主の会社名や肩書を入れる場合には、氏名の右斜め上に小さめに入れます。4人以上のグループで贈る場合には、のし袋には○○一同などと書き、詳細なメンバーは別紙に書きましょう。わからないことがあれば、前述のように店員さんに聞くといいかもしれません。

sidemenu