結婚などのお祝いでののし袋

例えば、長年のお友達の結婚式に出席する際ののし袋と会社のあまり関わりのない先輩の結婚祝いをみんなで出し合って渡す際ののし袋、同じでいいのでしょうか?特に結婚に関してのいわゆる御祝儀袋と言われるのし袋には、今、色々な種類があり、また豪華なものからシンプルなもの、趣味的なもの、凝ったものなど、値段もピンキリでたくさんあります。少し大きめな文房具屋さんに行くと、それだけで1つのコーナーが出来ていたりするのです。では、何を選んだらいいのでしょうか?選ぶ基準はまず、中に包む金額と言われています。10000円のお祝い金を入れている袋が、とても豪奢なものだったらどうでしょうか?バランスが取れていないと思いませんか?実は、御祝儀袋が入っているビニール袋やシールに、どれくらいの金額に使われるか書かれています。シンプルな水引のものは、10000円くらいまでや水引で作られた金銀の鶴や亀など豪華なものは50000円からなど……。まずはそれを見て、包む金額を考えながら選ぶとよいかもしれません。それとは別に、最近では様々なキャラクターとコラボレーションしているのし袋も増えてきています。もし贈る相手が好きなキャラクターがいて、そのキャラクターを使用したのし袋があれば、使ってみたいと思いませんか?もちろん前述の通り、包む金額とのバランスも必要かと思いますが、なによりも贈る相手のことを考えてという気持ちが大事なのですがら、よほどバランスが崩れなければ、多少の想定金額との誤差は目をつぶり、使った方が喜ばれるかもしれません。では、最初に挙げた例の場合、どういったのし袋を選びましょうか?まず、お友達の結婚祝いは、30000円が基準と言われてます。綺麗な紙や金箔が飾られていたり、水引が少し凝っていたりする品がいいものを選ぶと無難だと思われます。会社で出し合ったお祝いは、金額もですがどちらかというと貧相じゃないシンプルなものがいいかもしれません。

sidemenu