のし袋の中包みとお札の入れ方

表書きが済んだところで、次はお金の包み方のマナーを勉強しましょう。まずは、お祝い事の包み方です。用意するお札は新札になります。お札の向きを肖像画ある側を表側にし、またその肖像画が最初に見える向きで中袋に入れます。ただし、これは地域によって異なる場合があるので、確認をしてください。あとよく疑問に思われるのが、二万円など割り切れる数字のお金を入れる場合です。特に結婚の場合、偶数は縁起が悪いと思われてしまうことがあります。最近ではあまり気にされていないようですが、ご年配の方が気にされる場合がありますので、周りの人と相談し、一万円札1枚と五千円札2枚と枚数を奇数にするのが無難かもしれません。これもまた地域によるので気をつけましょう。中袋にお札をいれたところで、今度は御祝儀袋への入れ方になります。ここで一番気をつけなければいけないのが、下の折り返し部分が上になることです。これを間違えてしまうのが、最大のマナー違反になってしまいます。折り方は、ご祝儀袋の真ん中辺りに中袋の裏側を上に向け乗せ、左側を真ん中へと折る、右側を真ん中へと折る、上側を真ん中へと折る、最後に下側を真ん中へと折るの順で折りましょう。では、香典など不祝儀の場合はどうでしょうか。まず、お札は新札ではない方がいいでしょう。用意されてたように思われてしまうことがあります。どうしても新札しかない場合は折り目をつけるなどしてください。お金の向きは前述の通り地域によるので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。ただ、複数枚だった場合には同じ向きにそろえた方がいいでしょう。中袋に入れた後の包み方は、最後が祝儀の場合と異なります。不祝儀の場合には、上の折り返しが上にくるようにします。のし袋のたたみ方として折り返しが上にくるところだけは地域差はなく、祝儀の時は下の折り返しが上、不祝儀の時は上の折り返しが上というのだけは、間違えないように気をつけましょう。

sidemenu