ふくさって知ってました?

結婚式やお葬式などで、御祝儀袋やお香典袋を出すとき、むき出しのまま持っていくとマナー違反なので、気をつけましょう。若いころ、それで恥ずかしい思いをしたことがあります。というのも、周りの人たちが紫などの布に包んでいて、それを渡している中でペリペリとビニールを剥がすのはとてもいたたまれません。ではこの布は一体何でしょうか。これは『帛紗(ふくさ)』と言います。基本的にのし袋は帛紗に入れて持ち歩くものです。元々帛紗とは、江戸時代に将軍に献上される贈り物にかけられたほこり避けの布が始まりと言われています。それから色々と意匠を凝らしたものが出てきました。贈り主の気持ちを表すということで、お祝い事では鶴亀の意匠が……と発展していきましたが、だんだんと落ち着いてきて、最近はシンプルなものが多くなりました。では、帛紗はどこに売っているのでしょうか?実はそんな珍しくもなく、少し大きな文房具屋さんやデパートのドレスや喪服を売っている洋服屋さんにもあったりします。慶弔どちらでも使えるものがあるので、そちらをお勧めします。紫色であれば慶弔どちらも使えます。また、形も金封帛紗という封筒型のものが使いやすいです。その他には『掛袱紗』『袷帛紗』『手帛紗』などがあります。大きさによって使い方が違いますが、袷帛紗や手帛紗の小さなものでのし袋を包むのが一般的です。よく『袱紗』の漢字で書かれますが、『袱紗』と書くのは、実は『掛袱紗』のみなので、覚えておくといいかもしれません。袷や手ふくさでの包み方は、まずふくさをひし形になるように置き、真ん中に表が上になるように置きます。次に右をたたみ、続いて、下上左という順番でたたんでいき、最後に左の端っこを巻きこみます。これは弔事の時の包み方で、慶事の場合には逆の左上下右になります。封筒型の金封の場合も慶事と弔事では封筒の開き方が違いますので注意してください(慶事は右開き、弔事は左開き)

sidemenu