のし袋とそのマナーちゃんと知ってますか?

のし袋は、形状が封筒型と多当折型の2種類に分かれています。おもに関東で使われているのが多当折型、西日本で使われているのが封筒型になります。また、水引の形状や色で使われるシチュエーションが異なります。まず、向って右側が『赤色』、左側が『金色又は銀色(本来は白)』の5本又は7本の水引が、『花結び』と言われる蝶結びになっているのが、『祝水引』言われるものになります。これは、右上に熨斗が入り、婚礼以外のお祝い事に使います。

例えば、お祝いの儀式会場のお手伝い頂いた方に対しての謝礼金(御礼・御祝儀・寸志・御車料など)、賞金などです。次に、向って右側が『赤色』、左側が『金色又は銀色(本来は白)』の7本又は10本の水引が『結切り』という丸結びになっているのが、婚礼水引となります。これは、右上に熨斗が入り、婚礼に関わる祝賀金(金婚式なども含め)などに使われます。ほかに、向って右側が『藍色(本来は黒)』、左側が『銀色(本来は白)』の5本又は7本の水引が『結切り』という丸結びや、『あわび結び』という交差結びに結ばれているものの2種類があり、佛水引といいます。

これに熨斗はなく、蓮の絵が入ったものは仏教の通夜・葬儀告別式時の際の、弔慰金に用いられ、蓮の絵がないものは、各宗教共通の通夜・葬儀告別式・法要時の際の贈る弔慰金に用いられます。ただし、蓮の絵が入ったものは意味合いが強く法要時などには使わないなどあるので、使う場合には慎重に状況を判断したほうがいいと思われます。向って右側が『黄色』、左側が『銀色(本来は白)』の5本又は7本の水引が『結切り』という丸結びになっているのが黄水引といいます。これにも熨斗はありません。

本来は関西の大阪・京都・神戸・奈良の都市部に限り、弔慰金に用いられていましたが、今は前述の『佛水引』の蓮絵なしと同様に、『黄水引』を用いる地域が増えてきています。最後に、封筒型で『赤色』の細幅線状の色が入っている赤棒というものがあります。これには熨斗が入り、祝水引に準じて使われ、水引がありません。

お祝い事において当人より準備などでお手伝いを頂いた人に対して贈る謝礼金(御礼・御祝儀・寸志・御車料など)、記念品・賞品・景品・粗品の小物入れなどに用いられます。このようにのし袋にも色々な種類があり、使われる用途もそれぞれ違うので、注意が必要となります。その他にも表書きの書き方なども注意した方がいいでしょう。

オススメサイト

川口市からの委託を受けた葬儀社
行政機関から委託を受けているのは誠実な対応の証

廃車するなら断然お得な廃車ひきとり110番で
手続きもすべてお任せでらくらくです!

家に眠る刀剣・日本刀・刀を鑑定・買取依頼するなら
勝武堂が刀剣愛好家との橋渡しをいたします

sidemenu